「主体的に学習に取り組む態度」の評価 「自己調整」の共通理解と具体化を

教育新聞論説委員 工藤文三

「学習評価及び指導要録の改善」

「児童生徒の学習評価及び指導要録の改善等について」の通知が2019年3月29日付で、発出された。14年11月の学習指導要領改訂に係る中教審への諮問、16年12月の答申、その後新学習指導要領が告示され、今回の指導要録の改訂をもって、新教育課程の編成・実施に関わる基本的な条件はそろったことになる。

今回の改善通知で、観点別評価および評定と目標準拠評価として実施すること、前者は分析的な評価として、後者は総括的な評価とした点は、従前と変わりない。今回の大きな変更点は、新学習指導要領における資質・能力の三つの柱を受けて、指導と評価の一体化を推進する観点から、評価を「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に学習に取り組む態度」の3観点に改めた点である。

また、「主体的に学習に取り組む態度」の評価については、各教科の観点の趣旨に照らし、知識および技能を獲得したり、思考力・判断力・表現力などを身に付けたりすることに向けた粘り強い取り組みの中で、自らの学習を調整しようとしているかどうかを含めて評価するとした。……