(本紙編集局はこう読む 深掘り 教育ニュース)「黒染め指導」「ブラック校則」への批判

「主体性・多様性・協働性」育成の視点を

頭髪指導の一環として地毛が赤身がかった女生徒に「黒染め指導」をしたと報道されたことを受けて、同じような経験を持つ大学生らが、ネット上で指導廃止の署名活動を開始した(電子版5月8日付既報)。「黒染め指導」や「ブラック校則」について、議論すべき本質とは何か。

大学生がネット上で指導廃止の署名活動

 事の発端は2017年10月、大阪府立高校の女生徒が、生まれつき茶色の頭髪を、学校から黒く染めるよう強要され精神的苦痛を受けたとして、損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こしたことだ。

 さらに大阪府教育庁が実施した調査で、府立高校(全日制)137校中109校(79.6%)が、頭髪が黒くない生徒に対して「地毛証明書」の提出や口頭での確認などを行っていたのが明らかになった。これらから、校則に対する批判が巻き起こり、「ブラック校則」という言葉が一般化した。大学生らのネット署名活動もこのブラック校則批判の延長だ。

 黒染め指導について、教育関係者の反応は大きく三つに分けられよう。……