(新しい潮流にチャレンジ)20年前OECDは教育をどう考えていたか

eye-catch_1024-768_takashina-challenge
教育創造研究センター所長 髙階玲治





学校教育の革新性のなさへの警鐘


低迷する学校教育の課題

何よりも最初に図を見てほしい。知識創造に関する工学、医療、教育の各セクターにおいて、教育は、「低い」「弱い」のオンパレードである。それに比べて工学は、「強い」「高い」が並んでいる。医療は両者の中間であろうか。

なぜ教育はこうも低く弱いのか。これは何を意味しているのか。

この図は、OECD教育研究センターの編著による図書に描かれているものである(『知識の創造・普及・活用~学習社会のナレッジ・マネジメント』明石書店、2012)。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。