(本紙編集局はこう読む 深掘り 教育ニュース)教育再生実行会議の第11次提言―高等学校改革など

経済の論理から初等中等教育の改革を迫る

政府の教育再生実行会議は5月17日、高校改革などを柱にした第11次提言を安倍晋三首相に提出した。新聞などでは高校改革を中心に報道されたため、高校関係者以外の関心はそれほど高くないとも思われる。しかし、提言の狙いは高校改革だけではない。

注目を集めて普通科への類型導入

第11次提言に関する一般のマスコミ報道は、高校普通科への「類型」導入などが大きく取り上げられた。だが、普通科への類型やコース制の導入は、現在でも一部の高校で実施されており、それほど目新しい内容ではない。もともと高校進学率が98%を超える中で、著しく多様化した高校教育を、特に普通科の在り方をどうすべきかは、「新しいタイプの高校づくり」などとして1970年代から議論されてきた問題だ。

実際は、多様化する生徒に対して、高校の「個性化」路線による改革、実質的には学校間格差の拡大により、高校は多様化に対応してきた。……