TALIS2018の結果 教育実践の蓄積を踏まえて評価を


教育新聞論説委員 工藤 文三





調査の概要

OECD国際教員指導環境調査(TALIS)2018の結果が公表された。この調査は教員および校長の勤務環境や学習環境などに焦点を当てた国際調査であり、学習の規律や教育資源、教員の仕事時間、職能開発、指導実践、教員の自己効力感その他について比較可能なデータを提供している。

日本では、2018年2月中旬から3月中旬に、全国の小学校、中学校の校長、教員に質問紙調査を実施した。参加国はOECD加盟国等48カ国・地域である。これまで08年に第1回、13年に第2回が実施され、日本は第2回から参加し、小学校は今回が初めての参加である。

本調査が実施された時期は、新教育課程の移行措置期間に入る前であり、また、教員の仕事時間について、公立学校の教員の勤務時間に関するガイドラインの提示は19年に入ってからであることを踏まえておきたい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。