(本紙編集局はこう読む 深掘り 教育ニュース)未来の教員に求められるものは

自分ごととして考える必要が


現在以上に社会のグローバル化が進み、人口知能(AI)が普及した時代に教員の役割はどう変わるのか。「未来の教員に求められるものは? 経産省・浅野室長らが議論」(本紙6月10日付既報)は、そんな問題を取り上げている。
変わらざるを得ない教員の役割

「未来の教員」「グローバル・ティーチャー」などというと、「自分には関係ない話題」と受け止めるのが一般的だろう。しかし、本当にそうだろうか。

「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)を柱とする新学習指導要領の全面実施は目の前に迫り、小中学生のスマートフォンの学校持ち込み解禁もそう遠くはない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。