(本紙編集局はこう読む 深掘り 教育ニュース)組み体操の是非

勇気をもって決断してほしい


再び運動会種目の組み体操の是非が、社会的注目を集めている。本紙電子版「Edubate」では「組み体操 やめるべきだと思う?」のテーマで読者投票を行った(6月13日)。結果は組み体操廃止に賛成が53%、反対が47%で、わずかに廃止賛成の意見が多いものの、事実上賛否が拮抗(きっこう)しており、この問題について教育関係者の意見は二つに割れているとみてよい。このことから読み取るべき問題とは何か。
満足度は高いが、危険が伴う

組み体操は、運動会の花形種目だ。難易度の高い技が成功したときに、子供たちが得る達成感、保護者たちの満足度の高さは、非常に高い。しかし、同時に危険性も伴う。

その危険性が社会的問題となったのが、2015年に大阪府の中学校で起きた事故だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。