所沢中2男子殺傷事件から学ぶ 全ての大人が子供を育てる認識を


教育新聞論説委員 細谷 美明




埼玉県所沢市で市立中学校に通う2年生男子生徒が、同級生の少年に刃物で刺され死亡する事件が発生した。

市教委によれば、これまで加害者の少年が被害者の少年から「20回ほどつねられた」など、いじめともとれる行為を受けていたという。また、刃物で刺した動機については、被害少年から以前教科書を隠されたことがあり、事件当日問い詰めたが「知らない」と言われけんかになったからだという。

いずれにしても、これまで2人の少年の間で何らかのトラブルが続いていたのは事実であり、詳細は今後の警察や関係機関の聴取などで明らかになるであろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。