(本紙編集局はこう読む 深掘り 教育ニュース)小学校への教科担任制の導入

子供の側に立った視点で論議を


 中教審は、初等中等教育の改革を審議している。その中も焦点の一つは、小学校への教科担任制の導入だ。本紙電子版「Edubate(読者投票) 教科担任制と学級担任制 どちらがいい?」では、75%が教科担任制を支持するという結果が出た。この結果をどう受け止めたらよいのか。

高学年の指導は一人では限界

 読者投票では、小学校の教科担任制の導入について、賛成が75%、反対が20%、「どちらでもない」が6%という結果となった。正直にいうと、やや意外だった。小学校関係者は、もう少し「学級担任」に愛着と誇りを持っているのではないかと思っていたからだ。

 ただし、読者投票の質問は、「小学校高学年においては教科担任制と学級担任制、どちらがいいと思いますか」と聞いたものだ。中教審の審議でも小5・6の高学年を教科担任制の対象に想定している。つまり、7割以上が教科担任制に賛成という投票結果は、「小学校高学年」に限った場合ということになる。

 言い換えれば、現在の小学校高学年の子供たちを学級担任の教員一人で全て指導するということに、小学校関係者の多くが限界や困難を感じているのだろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。