カリキュラム・マネジメント 基準の対象の拡大が必要


国立教育政策研究所総括研究官 千々布 敏弥



新しい学習指導要領の実施に当たり、カリキュラム・マネジメントをどうしたらよいか迷っている学校は多いのではなかろうか。

学習指導要領は「各学校においては、児童や学校、地域の実態を適切に把握し、教育の目的や目標の実現に必要な教育の内容等を教科等横断的な視点で組み立てていくこと、教育課程の実施状況を評価してその改善を図っていくこと、教育課程の実施に必要な人的又は物的な体制を確保するとともにその改善を図っていくことなどを通して、教育課程に基づき組織的かつ計画的に各学校の教育活動の質の向上を図っていくことに努めるものとする」と記している。

この規定を受けて、教科横断カリキュラムを作成することがカリキュラム・マネジメントだ、と解する学校が一部にみられる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。