交通事故防止 「右、左、右」の指導を徹底しよう


教育新聞論説委員 寺崎 千秋





令和の時代に入って、小学校1年生の交通事故死などは減ったであろうか。

今年3月に警察庁交通局が発表した「歩行中児童の交通事故の特徴等について」によれば、▽状態別では歩行中の事故が最も多い(過去5年合計で約6割)▽小学校1年生の歩行中死者・重症者数は6年生の約3.6倍(学年が低いほど歩行中の、学年が高くなると自転車乗用中の割合が高くなる)▽1年生の第1のピークは5月中・下旬(下校中及び私用)▽歩行中死者・重症者の約4割は飛び出しが原因――などとなっている。

4月の交通安全週間には、朝会などで子供たちに交通安全を呼び掛けたり、街頭指導を行ったりしたことであろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。