(本紙編集局はこう読む 深掘り 教育ニュース)共通テスト実施への不安

準備時間の圧倒的な不足は明らか


全国高等学校長協会(全高長)は7月25日、2020年1月から始まる大学入学共通テスト(共通テスト)の英語における民間資格検定試験の活用について、不安解消を求める要望書を文科省に提出した。また本紙電子版で実施した「Edubate」の読者投票でも、92%が共通テストへの移行に不安を示している。共通テストについて、今、考えるべきことは何か。
記述式問題と英語の民間検定の活用に矮小(わいしょう)化

大学入試センター試験に代わる共通テストの議論は、政府の教育再生実行会議が「1点刻み」の入試からの脱却を求めた第4次提言(13年10月)からスタートした。

その後、中教審の高大接続特別部会、文科省の高大接続システム会議、文科省改革推進本部「高大接続改革チーム」へと議論が引き継がれていった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。