資料「シン・ニホン」 現在と今後の日本のリアル


教育新聞特任解説委員 鈴木 崇弘



筆者の手元に、「“シン・ニホン”AI×データ時代における日本の再生と人材育成」と題する資料がある。

2018年11月27日開催の教育再生実行会議技術革新WGにおいて、ヤフーCSOであり、慶應大学環境情報学部教授の安宅和人氏が報告に使用した資料だ。

同氏は、現在のテクノロジーが社会や世界を大きく変貌させる状況の中で、最先端で活動を続け、教育や人材育成にも関わっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。