夏休みは長い? 在り方を考える


教育新聞特任解説委員 妹尾 昌俊



夏休みの在り方を考えるとき

この記事をご覧になっている頃は、夏休みも終盤という地域も多いと思う。読者の皆さんはどう過ごしただろうか。少しはリフレッシュできただろうか。

ところで、文科省が6月28日に「学校における働き方改革の推進に向けた夏季等の長期休業期間における学校の業務の適正化等について」という通知を出した。7ページほどなので、ぜひ一読いただければと思う。学校閉庁日を設けるなどして、まとまった休日の取得を促す内容である。関連して、研修を精選することや部活動の休養期間(オフシーズン)を設けることなども提案している。

「文科省はまた紙切れ1枚で、あれをやれ、これをやれと言うばかりじゃないか」という批判はあろうが、従前の2002年7月4日付の通知を廃止して、一定の政策転換してまで呼びかけているし、部活動の大会などの見直しを国も働きかけるとしており、かなり本気のようだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。