アフリカの発展 もはや途上国ではない


教育新聞特任解説委員 小宮山 利恵子



今日8月28日から、横浜において日本政府が主導する第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が開催される。参加者数約4500人以上の大規模なイベントだ。同会議が1993年に始まり26年が経過した今、アフリカはさまざまな領域で大きな変貌を遂げている。

15年ほど前、私はアフリカ北部にあるチュニジアにアラビア語を学ぶため短期留学した。その頃に同地域を少しまわったが、自身が持っている当時の情報を「五感」で更新するために、年内にアフリカを再訪する予定だ。

アフリカの人口は、国連によれば2050年には約25億人になると推測されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。