(注目の教育時事を読む)第63回 小学校高学年の教科担任制

eye-catch_1024-768_tyumoku-kyoiku_r20180426
藤川大祐千葉大学教育学部教授の視点


中教審審議を待たずに教委や学校は英断を


◇難しい高学年の学級担任◆

本紙7月1日電子版で、「教科担任制と学級担任制 どちらがいい?」という読者投票が行われた。これは、中教審の「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」で小学校高学年における教科担任制導入に向けての議論が始まったことを受けてのもの。結果は、教科担任制75%、学級担任制20%と圧倒的に教科担任制の支持が高かった。

小学校高学年における教科担任制は、すでに多くの地域、学校で導入されているが、その方法には幅がある。中学校と同様に道徳・総合・学活以外の授業を各担当教員が担う東京都品川区の小中一貫校のような方法もあれば、一つか二つの教科で学級担任が他の教員と授業を入れ替わる鳥取県や兵庫県で行われている方法もある。

教科担任制の導入が望ましいか否かは、具体的な方法や、学校や教員の状況によって大きく異なるはずだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。