ルール・マナーの教育 指導は体験を通し積み重ねて


教育新聞論説委員 寺崎 千秋


毎年の夏、全国各地で祭りや花火大会が開催され、場所によっては数十、百万という観光客が押し寄せる。何よりも地元の人々が楽しみにする伝統行事であり、地域の絆を深める祭りや大会である。加えて経済効果も期待されている。

一方で異変も起きている。こうした祭りや大会が中止に追い込まれているというのだ。その数はこの2年で、全国でおよそ50にのぼる(NHK『クローズアップ現代+』8月29日放送)。その理由は受容・収容規模を超える来場者の数であり、来場者のルール・マナーを守ろうとしない行動であるという。

主催地域の振興や観光客の集客のための広報・宣伝により、多くの人々が押し寄せる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。