消費税率の引き上げ 税の体験的な学習の機会に


教育新聞論説委員 工藤 文三



消費税率の引き上げ

10月1日から消費税率が8%から10%に引き上げられる。1989年に3%でスタートした消費税は、その後5%、8%と段階的に引き上げられ、10%の税率となる。

消費税は、商品の販売やサービスの提供などの取引に対して広く公平に課税される性格を持っている。また、価格に上乗せされるため、国民全体の消費生活に関わる。消費者が負担した消費税は事業者によって納税の手続きが行われる。

消費税の使途は、消費税法第1条第2項に「消費税の収入については、地方交付税法に定めるところによるほか、毎年度、制度として確立された年金、医療及び介護の社会保障給付並びに少子化に対処するための施策に要する経費に充てるものとする」と明確に示されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。