(新しい潮流にチャレンジ)教師の専門的職能は高まるか

eye-catch_1024-768_takashina-challenge
教育創造研究センター所長 髙階玲治





自己研修時間の確保が重要


変わる教育と教師の資質向上

「新しい時代の初等中等教育の在り方について」文科相が中教審に諮問した(4月17日)。主要な課題の中に「質の高い教師の確保」がみられる。今後の極めて重要な課題である。

周知のように、最近の傾向として教職志望者が激減しているだけでなく、現在の教員の約4割が50代と言われる。大量退職の時期とSociety5.0と言われているデジタル社会が重なる。

文科相の諮問のすぐ後で、自民党の教育再生実行本部は第十二次提言を行っている(5月14日)。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。