今こそ大人も学ぶ機会を リカレント教育の今後


教育新聞特任解説委員 小宮山 利恵子



人生100年時代。テクノロジーの進展もあり、仕事ができる健康寿命も80歳まで延びると言われている中、社会人の学びはこれまで以上に重要になってくる。新しいことを学び続けていれば、自分の職がどれくらいテクノロジーに取って代わられるかも理解できるだろう。

一方で、日本は終身雇用が継続されてきたため、社内の研修が全てという環境が普通だった。そのため個々の自発的な学びにはつながっていない現状がある。

先月、文科省は、来年度の概算要求を発表した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。