危機管理の徹底 想像・予知・予防を軸に


教育新聞論説委員 寺崎 千秋





台風15号は関東地方、特に千葉県を直撃し、多大な被害をもたらした。電力や水道の復旧に予想をはるかに超えた時間を要している。病院に入院していた、重篤な患者の死亡も報じられた。空からの映像では、青いビニールシートに覆われた屋根の数々を映し出していた。さらにその後の雨で天井が水漏れし、悲嘆にくれている住民の姿も報じられていた。

学校も一週間休校になったところがあった。再開後、給食が提供できないため弁当持参となったが、断水のため困惑している保護者の声も聞こえた。国や地方の初期対応の遅れも指摘されている。

台風の直撃により、このような被害が出るのは予想されていなかったのであろうか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。