人権尊重教育の充実 人間の尊厳についての学習を


教育新聞論説委員 工藤 文三





児童虐待の深刻化と対応

厚労省は8月1日、「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について」(第15次報告)「平成30年度の児童相談所での児童虐待相談対応件数及び『通告受理後48時間以内の安全確認ルール』の実施状況の緊急点検の結果」を公表した。

後者の児童虐待相談対応件数は15万9850件で、1990年度以来最多となった。内訳は「心理的虐待」「身体的虐待」「ネグレクト」「性的虐待」の順で、主な増加要因は心理的虐待に係る対応件数の増加、警察などからの通告の増加としている。前者の2017年度中の児童の虐待死については、心中を除いた死亡事例は50例(52人)で、そのうち0歳が最多で28人となっている。

児童虐待の防止については、2000年に児童虐待防止法が施行され、児童虐待の定義や早期発見、通告義務、強制調査などが定められ、虐待防止に向けた基本的な事項が明確になった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。