(注目の教育時事を読む)問題行動調査

eye-catch_1024-768_tyumoku-kyoiku_r20180426
藤川大祐千葉大学教育学部教授の視点


数だけにとらわれず「問題」の検討を


◇数値だけでは判断できない実態が◆

本紙10月17日電子版でも報じられているように、この日、文科省は2018年度の「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」の結果を発表した。

いじめの認知件数、重大事態の件数が大きく増え、小学校において暴力行為が、小中学校で不登校、高校で中途退学、そして自殺も増えている。

数だけを見ると多くの項目で増えており、こうした数を減らすことが喫緊の課題のように見える。だが、出てきた数だけを見るのでなく、多面的な検討が必要である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。