EdTech 産業界も本格的に議論


教育新聞特任解説委員 小宮山 利恵子



EdTechという言葉を聞くようになって久しい。今では日本にある高校の約半数で使われている「スタディサプリ」が世に出てきたのが2011年。私がウェブメディアでEdTechの連載を始めたのが14年。その頃はまだごく一部の地域や学校がEdTechに取り組んでいた。しかしこの直近5年でもさまざまな動きがあり、政府としても文科省、経産省、総務省が積極的に取り組んでいる。今回は、そうした動きの中で、新たに経団連の動きについて情報を共有したい。
EdTech戦略検討会

今年8月、経団連イノベーション委員会の下に「EdTech戦略検討会」が発足した。私はその座長を拝命することになった。

経団連では「Society5.0」の実現を最重要課題と捉えて、さまざまな取り組みを進めている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。