個別最適化された学び 丁寧に吟味して用いるべき


教育新聞論説委員 工藤 文三





新しい時代の学びの形

2019年4月、文科大臣は中教審に対して「新しい時代の初等中等教育の在り方について」諮問した。

これを受けて、10月4日に第123回の初等中等教育分科会が開催され、論点整理案が出された。「新しい時代を見据えた教育の将来像の方向性(イメージ)」と、この方向性を実現するために検討を深める事項が7点示された。

この「教育の将来像(イメージ)」では、「育成を目指すべき資質・能力」と「子供の学び」「子供の学びを支える環境」について述べている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。