資質・能力重視の教育の流れ 今後、どう検証し、評価するのか

教育新聞論説委員 工藤 文三
教育の流れと学習指導上の課題
2000年代に入ってOECDのDeSeCoプロジェクトによるキー・コンピテンシーの提案や「社会人基礎力」(2006年、経済産業省)、キャリア発達に関わる基礎的・汎用的能力(11年、国立教育政策研究所)、また、全国学力・学習状況調査のB問題に見られるように、能力達成型の教育の流れがわが国でも具体化されるようになった。20年度から開始される大学入学共通テストにおいても、思考力などを重視する取り組みが強化されている。17・18年の学習指導要領の改訂も、このような能力の育成を重視した流れと軌を一にした改革といえる。

学習指導要領は、総則に学力の三つの柱を示すと同時に、内容を能力別に区分する形式をとった。このため、能力別に示された内容は「内容」なのか、それとも目指す「能力」なのかが分かりにくくなっている。

仮に能力を示しているとすれば、扱うべき内容はどのようにすれば導かれるのかが課題になる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。