防災教育の見直し 自助・共助・公助の思考力・判断力を育成

教育新聞論説委員 寺崎 千秋
災害が忘れないうちに次から次へとやってくる。1995の阪神・淡路大震災、2004年の新潟県中越地震、11年の東日本大震災、16年の熊本地震、18年の大阪府北部地震など、発生の間隔が短くなっている。東南海地震や首都直下型地震なども予想されている。台風による大被害は毎年のことであり、今年は強風や水害による災害の大きさが目立った。しかも、後始末や復旧・復興に長い時間がかかり、多大な負担が残っている。

災害に遭った地域や人々から「予想していなかった」「予想を超えていた」「準備が足りなかった」「対応が遅れた」などの声がマスコミの報道で多く聞かれた。その後の調査から「ハザードマップを見ていない人が30%を超えていた」という報道にも接した。改めて防災教育の確実な実施の重要性を認識し、想定を超える災害を前提に防災教育の在り方を見直そう。大人になってからでは間に合わない。

11月15日に開かれた全国小学校生活科・総合的な学習教育研究協議会の兵庫大会に参加、神戸市立成徳小学校5年生の総合的な学習「災害大国日本! 復興した神戸からの発信」の公開授業を参観した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。