学校評価・総括評価 新教育課程完全実施につなげる

教育新聞論説委員 寺崎 千秋

各学校では学校評価の総括評価を進め、次年度の準備を始めていることであろう。小学校においては、学校評価の本年度総括評価の結果を次年度の新教育課程全面実施が可能な限り完全実施に向かうよう、生かしつなげていくことが求められる。

本紙の3年前の社説「学校評価・総括評価」(2016年11月28日付)では「次期教育課程のキーワードを視点に」との見出しで、これまでの学校評価の繰り返しではなく、次期教育課程へのアプローチを意識した取り組みを求めていた。キーワードとは、「社会に開かれた教育課程」「資質・能力の三つの柱」「カリキュラム・マネジメント」「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」などである。早くも3年が過ぎた。この移行期間に新教育課程全面実施、さらに言えばその趣旨や内容を完全に実施できる準備は整っているだろうか。改めて確認したい。

「社会に開かれた教育課程へのアプローチ」では、社会や世界の状況を幅広く視野に入れ、求められる資質・能力と学校の教育目標の関連の見直し、教育課程と家庭・社会との関係の見直しなどを行い、趣旨に即した教育課程づくりに努めてきたか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。