一連の混乱から考えるプロセスの重要性

教育新聞特任解説委員 鈴木 崇弘
大学入学共通テストをめぐり、日本の教育が混乱している。本稿では、民主主義社会におけるプロセスの問題から、この混乱について考えたい。
英語民間試験の導入の混乱

英語民間試験は来年4月からの導入が決まっていた。

これに関しては、これまでにも民間試験の実施団体との連携調整が不十分であるとの不信感、地域や所得の相違などが、試験機会やその結果に影響を与えることへの懸念、私大中心に大学の約半数の参加見送り表明、高校や受験生からも延期を求める声が上がるなど、さまざまな疑問・混乱が生じていた。

そんな中、萩生田大臣の「身の丈にあわせて」という発言に端を発して、導入の問題点や課題が再燃、同大臣は11月1日に2020年度にはその導入を結局は見送ることを発表せざるをえなくなった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。