PISA2018 結果をどう読むか

教育新聞特任解説委員 妹尾 昌俊

過度に反応するのも、無関心なのもどうなのか
OECD(経済協力開発機構)の、生徒の学習到達度調査(PISA)の2018年調査結果が公表された。マスコミなどはもっぱら読解力のランキング低下に注目している。

ランキング、順位はひとつの目安、参考にはなるが、これを過度に意識、重視するのは、考えものである。

第一に、日本より上位なのは、上海、香港、マカオ、シンガポールなどであるが、これらとオールジャパンと比べてどこまで意味があるかは、少し冷静に考える必要があろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。