「1人1台」の変革元年 学習者中心の教育へ

デジタルハリウッド大学大学院教授 佐藤 昌宏
EdTechがついに始動
全国の小中学校の児童生徒が、パソコンやタブレット端末を「1人1台」の環境で使えるようになります。昨年末に政府は、2023年度までに「1人1台」を実現するという経済政策を打ち出しました。EdTechの推進者として、さまざまな提言をしたり、啓蒙的なワークショップをやったり、関連ビジネスの支援をしてきたりした立場からすると、やっと実現する、との思いです。

デバイスを手にした子供たちは、辞書代わりに検索機能を使い、自らの興味と関心から自由に探究を始めるでしょう。

「ungoogleable questions」という言葉があります。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。