ペーパーテストの質の向上 問題作成の支援を充実すべき(工藤文三)

教育新聞論説委員 工藤 文三


学習評価とペーパーテスト
来年度は小学校から新教育課程の全面実施となり、学習評価についても主体的・対話的で深い学びなどの取り組みを踏まえて、新しい観点による評価が実施される。

各学校で学習評価を進める場合、各教員の「作業」の中心を占めるのは、評価方法を考えた上での具体的な準備であり、その評価方法に基づいた児童生徒一人一人の評価である。また、学期末や学年末などに行う評価の整理と総括も「作業」として重要な内容である。

評価方法には、ペーパーテスト、ワークシート、レポート、小論文、製作、観察などがある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。