読解力の「向上」 考えるべき課題は何か(渡辺敦司)

教育ジャーナリスト 渡辺 敦司


2018年に実施された経済協力開発機構(OECD)の「生徒の学習到達度調査」(PISA)で、日本は読解力が得点、国別順位とも前回15年調査に比べ統計的に有意に低下した。本紙電子版「Edubate」の読者投票でも優先的に取り組むべき課題として、順に①読書活動の改善②各教科の授業改善③読解力の再定義④ICT(情報通信技術)リテラシーの育成――が挙がった。PISAで示されたエビデンス(客観的な証拠)を前に今後、日本の教育は何を考えるべきだろうか。
「V字回復」どこへ
00年から3年ごとに実施されているPISAを巡って国内では近年、03年調査や06年調査で日本は「学力低下」したが09年以降は「V字回復」した、というストーリーが強調されている。確かに03年調査の結果が「PISAショック」を巻き起こし、読解力の向上策が図られた。

だとするなら、なおさら今回「低下」したことの意味を問い直す必要があるだろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。