教員のわいせつ行為 厳罰化で社会の信頼を取り戻せ(細谷美明)

教育新聞論説委員 細谷 美明


昨年12月に文科省から2018年度の人事行政状況調査の結果が発表された。特に注目を集めたのが、教員のわいせつ行為により懲戒処分を受けた教員の数が前年度より増加し過去最多となったことだ。今年度、小学校教員採用選考の倍率が過去最低となり、教員の質の低下が指摘される中での数値だけに、危機感を持つ関係者は多い。

わいせつ行為による被処分者は282人で、前年度の210人を大きく上回った。校種別人数は小学校75人、中学校86人、高校101人で、被害者の44%が自校の児童生徒であった。被処分者の年齢層は20代が71人と、教員総数に占める割合はトップであった。

わいせつ行為が行われた場面は、「勤務時間外」が63.8%で最も多い。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。