見落とされがちな障害 何らかの能力の欠如に焦点を(千々布敏弥)

国立教育政策研究所総括研究官 千々布 敏弥

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治著、新潮社)が面白い。

著者によると、知的障害と認められないレベルで認知能力に課題のある子が多く、それ故に授業が分からなかったり、他人とのコミュニケーションに課題があったりする。やがていじめの対象になり、被害者体験の累積から非行に走る子供が多いようだ、という話だ。

認知能力の障害は軽度であり、それ故に検査では正常と診断される。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。