カリキュラム・マネジメント再考 実効性の向上をどう図っていくか(工藤文三)

教育新聞論説委員 工藤 文三
課題を踏まえ進め方を考える
カリキュラム・マネジメントというが、新学習指導要領に用いられて以降、以前に比べて広く聞かれるようになった。学習指導要領に記されたことについては、高く評価する意見もあれば、おおむね学校教育では以前から実施してきていること、といった意見も聞かれる。

この言葉は学習指導要領という「お墨付き」を得て頻繁に使用されるようになる。ただ、学習指導要領には包括的な内容が記されているのみであり、カリキュラム・マネジメントといってもそれが何を指しているのか、判然としない点が多い。カリキュラムという用語自体が幅広い内容を含むことに起因する問題でもある。

さらに、学校教育法、学校教育法施行規則に基づき実施されている学校評価についても、カリキュラム・マネジメントと関連する内容がみられる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。