いじめを生む構造を変える 取手市再発防止策(藤川大祐)

千葉大学教育学部教授 藤川 大祐

問題点を一つ一つ検討して再発防止策
本紙2月12日電子版に、「いじめ再発防止で全員担任制導入 茨城県取手市が説明会」という見出しの記事が掲載された。2015年に市立中学校3年(当時)の生徒が自死した事案を受けた再発防止策の一環として、茨城県取手市が中学校に「全員担任制」を導入することを決めており、2月8日にPTA役員を対象に説明会が開かれたと報じている。

この取手市の再発防止策は、私も関わっている。この自死事案に関しては、取手市教委が法に反していじめ重大事態とはせずに対応しようとしたことが問題となり、茨城県に調査が委託された。県が設置した調査委員会は昨年3月、調査報告書を取りまとめ、公表した。

取手市教委では常設の付属機関として「取手市いじめ問題専門委員会」を設置し、県調査委員会の調査報告書を受けた再発防止策の検討を専門委員会に委嘱していた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。