放置子―隠れネグレクト 全ての大人が子育てに関わって(細谷美明)

教育新聞論説委員 細谷 美明


厚労省の発表によると、2018年度に全国の児童相談所(児相)で対応した児童虐待相談件数は約16万件と、過去最多を更新した。虐待相談の内容別にみると、「心理的虐待」が最も多く(55.3%)、次いで「身体的虐待」(25.2%)、「ネグレクト」(18.4%)、「性的虐待」(1.1%)と続く。

このうち「ネグレクト」に関し、その予備軍ともいわれるのが「放置子」(ほうちご)と呼ばれる子供たちである。

放置子はもともとネット社会で名付けられた用語で、専門家からは「子供がどこで何をしているのか、親が関心を持たず放置されている状態の児童」を指すようだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。