標準時数と学習内容は今のままでいいのか(渡辺敦司)

教育ジャーナリスト 渡辺 敦司
中央教育審議会初等中等教育分科会の教育課程部会が、標準授業時数の在り方の検討を始めた。2月10日付教育新聞電子版Edubate(読者投票)の「標準授業時数は多い? 少ない?」では、「多い」との回答が83%と圧倒。コメント欄からも多忙化に追われる教員からの悲鳴が上がっている。標準時数もそうだが、一部コメントにもある通り学習内容にも踏み込む必要はないだろうか。
唐突だった「最低基準」
若い教員にとっては標準時数を下回ることなど、とても考えられないことだろう。しかしベテラン層なら、一昔前は誰も問題にしなかったことを覚えているはずだ。

授業時数を巡る大きな転換は、2002年度からの改訂学習指導要領(98年告示)の小中同時全面実施と学校完全週5日制移行を前にして巻き起こった「ゆとり教育批判」がきっかけだった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。