1年のまとめ 休校でも進級に希望を持たせよう(寺崎千秋)

教育新聞論説委員 寺崎 千秋

単なる家庭学習だけでなく
3月、年度末。本来なら1年の教育の総まとめ、総仕上げの大切な時期である。だが残念ながら、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの学校が臨時休校している。子供たちは家庭学習となった。

長期の休みに対応できるよう、学校・教員はさまざまに配慮した取り組みを実施していることだろう。感謝あるのみである。子供たちのためにあえて確認し、お願いしたいことがある。

1年の総まとめ・総仕上げのとき、学校としてこの大切な時期を踏まえ、単なる家庭学習や年度・学期末の復習の指示で終わらせずに、子供たちが1年の学びを振り返り、自らの成長や進歩、向上、自信を自覚できるよう配慮してほしい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。