教科構成の在り方 組み替え、系統性の観点から研究を(工藤文三)

教育新聞論説委員 工藤 文三

教科等の構成の基本的課題
4月から実施される教育課程における各教科等の数は、小学校1・2学年8、3・4学年11、5・6学年12となっている。中学校は各学年とも12となっている。1958年の教育課程改訂を端緒に、生活科、総合的な学習の時間、小学校外国語活動、小学校外国語が、それぞれ89年以降の改訂時に追加され、今日に至っている。中学校で追加されたのは総合的な学習の時間のみである。

授業時数との関係でみると、総授業時数が漸減傾向にある中で、教科等の数は増加してきたのが分かる。各教科の授業時数も縮減され、教科内容の規模が以前に比べて小さくなっている。

特に小学校の音楽や図画工作、中学校の音楽、美術、技術・家庭の授業時数は相対的に少なくなっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。