評価規準・評価方法巡る参考資料の早期提示を(細谷美明)

教育新聞論説委員 細谷 美明


4月から新学習指導要領の下、小学校で新教育課程が実施される。今回の改訂のポイントの一つが「主体的・対話的で深い学び」による授業改善である。

この学びに欠かせないのが学習評価であり、学習評価に欠かせないのが、文科省(国立教育政策研究所)で作成する「評価規準の作成、評価方法等の工夫改善のための参考資料」である。この稿を執筆している時点で公表されていないようだが、これでは学校は真の主体的・対話的で深い学びができないだろう。

主体的・対話的で深い学びの推進と学習評価について、2016年12月の中教審答申では次のように述べている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。