一斉休校3週間 学校の社会的役割を再確認(渡辺敦司)

教育ジャーナリスト 渡辺 敦司
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため安倍晋三首相が全国一斉休校を要請してから3週間がたった。改めて見えてきたのは、学校という存在の重要性ではないか。
「要請」から異例続き
今回の展開は、とにかく異例続きだった。

安倍首相は、盟友である萩生田光一文部科学相の慎重論も押し切って2月27日夕に突然、3月2日から春休みまで1カ月近い一斉休校を要請した。

あくまで休校を判断するのは学校の設置者であり、首相要請は何ら法的根拠を持たない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。