感染防止 必要なのは学校や教員の意識改革(斎藤剛史)

教育ジャーナリスト 斎藤 剛史



政府の要請を受けて、ほとんどの学校が3月2日から一斉休校に入っているが、4月の新学期から学校が再開される見通しとなった。しかし、本紙の読者投票(電子版3月25日付)を見ると、まだまだ多くの関係者が再開に大きな不安を持っているようだ。新型ウイルスの感染予防対策のほかに、新学期から学校が考えるべきことは何なのだろうか。
学校の教育活動と重なる3つの「密」
まず、第一に押さえておきたいのは新型コロナウイルスによる感染症は、まだ終息していないということだ。政府は、感染予防のため「密閉」「密集」「密接」の3つの「密」を避けるよう求めたガイドラインを作成しているが、この条件はいずれも学校の教育活動ともろに重なっている。子供たちは教室という密閉空間に密集して、子供同士や教員と密接な位置関係で活動している。時差登校などだけで済む問題ではない。

児童生徒や教職員から感染者や感染した疑いのある者が出た場合の対応などを考えておくべきことは当然だが、この「密閉」「密集」「密接」を避けるということは、学校にとって極めて難しい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。