大学入学共通テストと中国の教育改革 外国の制度を学ぶ必要性も(細谷美明)

教育新聞論説委員 細谷 美明
令和2年度より導入される大学入学共通テスト(以下「共通テスト」)に関し、英語の民間試験導入延期に続いて国語と数学の記述式問題の導入が延期された。

英語の場合、民間試験の実施場所や受験費用を負担する家庭の経済状況に対する格差が、記述式問題の場合、民間企業による採点の質の確保に対する不安がいずれも解消されない状況である点がその主な理由であった。さらに全国高等学校長協会(全高長)をはじめとする高校サイドからの反対も多かった。

共通テストに記述式問題を導入しようとした狙いは、高校における「主体的・対話的で深い学び」による授業改善を促進するためだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。