オンライン学習の幻想と可能性 アフターコロナに向けて(佐藤昌宏)

デジタルハリウッド大学大学院教授 佐藤 昌宏


長期間の臨時休校という前例のない事態に対して、オンライン学習用の教材などを民間の教育団体などが無償提供する「マナビを止めるな!」というプロジェクトを発足しました。緊急回避的な試みでしたが、問い合わせやアクセスが激増したことから、一定の効果はあったと思います。

テクノロジーの活用に対して抵抗感を持っていた人たちが使ってみる良い機会にもなりました。ただ、ネガティブな反応もあるようです。やはりこんなものでは授業にならないとか、使いにくい、学習効果が期待できないなど、懐疑的な声も出ているように聞いています。特に大学などの高等教育から。

新型コロナウイルス対策として、中国では2.7億人の子供に向けた学習をオンラインに切り替えました。ロックダウンした米国でも、ハーバード大学やMITなどがオンライン講義に移行し、ハワイ大学も全科目オンラインへ移行しました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。