休校でも再開でも 試される時間の使い道(妹尾昌俊)

教育研究家・学校業務改善アドバイザー 妹尾 昌俊

学習の遅れよりも、もっと心配なこと
新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、この新学期は、予定通りスタートできたところもあれば、入学式と始業式のみ簡略に行い、休校(臨時休業)になったところもある。新学期が始まる前日にバタバタと方針が変わった地域もあったそうだ。

休校にせよ、再開にせよ、子供たちの心のケアが心配だ。休校の場合、3月も合わせると2カ月近くも自宅にいることになるが、児童虐待が増加しているのではないかということや、保護者のストレスのはけ口として子供に悪影響が出ているとも言われている。

休校の影響としては、学習の遅れや家庭の教育力などによる格差の拡大も懸念されるが、それ以上に、子供たちのつながりが薄くなっていることを、私は心配している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。