休みなき教育改革 いま立ち止まって考えよう(寺崎千秋)

教育新聞論説委員 寺崎 千秋

改革の連続 教師も子供も余裕なし
平成時代の後半、義務教育費国庫負担制度の見直しなど、教育改革の波が学校に押し寄せてきた。当時、全国連合小学校長会は学校がこうした波に飲み込まれないよう、教育改革や教育課程改訂への展望を持ち改革に計画的に取り組むため、2007年2月に『「展望と計画」作成資料―新しい時代を拓く学校経営のために―』を作成して全国2万2000の小学校長に配布し、リーダーシップの発揮を促した。

取り組みなどの内容は「教育基本法改正、教育振興基本計画の策定、学習指導要領の改訂、特別支援教育の実施、全国的な学力調査の実施、学校評価ガイドラインの実施、教員給与の見直し、幼児教育と小学校教育との連携・接続、小中一貫教育、小中連携、教員免許制度の導入、教職大学院の導入、民間出身者の管理職登用、地域運営学校」などに関するものであった。今になれば全て実施されたものであるが、当時、これら改革を学校でどう受け止め取り組んでいくかが重要な課題であった。

その後、改革はさらに続き、時代の方向に向けた改革、学校におけるさまざまな課題の解決に向けた改革や施策などが目白押しとなり、学校に矢のように降り注いできた感があった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。