休校長期化 「学びを止めない方法」を学ぶ機会に(中原淳)

立教大学教授 中原 淳


新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による臨時休校が続いている。政府の緊急事態宣言は一カ月間を目処としているが、先行きは不透明である。また、学校が再開されても、生徒や教職員に感染者が出れば、再び突然の学級閉鎖、あるいは学校全体の休校に陥ることも予想される。

われわれはこの事態に、短距離走ではなく長距離走のつもりで挑む覚悟を決めなければならない。子供たちの学びを止めないために、今、私たち教職員が学ぶべきことを考えてみたい。
教職員のITスキルに課題感
ウイルスは、人と人との接触や繋がりによって感染が広がるソーシャルな病。爆発的な感染拡大を避けながら、長期間に渡ってこの事態と付き合っていくために、オンライン化を進めていくことは必須であろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。