なぜ子供たちに会いたいのか 学校を考えるヒント(斎藤剛史)

教育ジャーナリスト 斎藤 剛史


安倍晋三首相が4月7日に「緊急事態宣言」を発令したことで、東京都など7都府県を中心に多くの自治体が現在も休校を継続する事態となっている。一方、政府は在宅を余儀なくされている子供たちに遠隔授業などを行うため、「1人1台」の情報機器を整備するGIGAスクール構想の前倒しなどを緊急経済対策として打ち出した(本紙電子版4月7日付)。今後、学校はどうなるのか、どうすべきなのか。
学校の「常識」「当たり前」を見直す
正直なところ、新型コロナウイルスの感染拡大による休校がここまで長期化すると思っていた学校関係者は少ないだろう。4月からの新学期にいったん学校を再開した自治体も再び休校を迫られたところが多い。いずれもゴールデンウイーク明けの5月6日を学校再開のめどとしているが、そのときになって本当に学校が再開できるという保証はない。最悪の場合、休校はもっと長期化する可能性もある。手洗いとうがいの励行、教室の換気や座席間の距離を離す程度の感染防止対策では、保護者は納得しないだろう。

ところで筆者は、先の解説(電子版3月30日付)で、「学校における感染防止に必要なのは、従来の教育活動のスタイルから脱却するという学校や教員の意識改革だ」と述べたが、現在は意識改革という言葉が安易に使われる傾向があるので、誤解のないように少し補足したい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。